ジスロマックは感染者数が非常に多いクラミジアの治療薬です。ジスロマックの特徴といえばその服用回数であり、1回の服用で薬の効果が1週間も続きます。こちらではジスロマックについてのあれこれを紹介します。

長く続くジスロマックの効果

男性のクラミジア検査の手順とジスロマックによる治療

性行為によって感染してしまう性感染症のなかでも、かなりの割合の日本人かかかっている可能性があるとされているのが、性器クラミジア感染症とよばれるものです。
この病気は、クラミジアが体内で増殖をすることによって起きるものですが、症状がほとんど出ないケースもまれではないため、かえって気づかないあいだに性行為を通じて相手に拡散させてしまうということが多いものです。
性器クラミジア感染症にかかった場合には、男性であれば尿道から分泌物が生じるとともに、排尿時にちょっとした痛みや熱感などといった違和感を感じるようになります。

このような症状があった場合には、すみやかに病院に行き、必要な検査を受けるべきといえます。
男性のクラミジア検査の手順としては、まずは医師による問診を含む診察があった後、検体を採取することになりますが、通常は尿、または尿道からの分泌物が検体となりますので、それほど手間がかかるようなものではありません。

このなかに含まれるクラミジアの遺伝子、またはクラミジアに関連した抗原抗体を確認して、一定の値があればクラミジアに感染しているものと判断します。
もしもクラミジアに感染していることがわかった場合ですが、基本的にはジスロマックのような抗生物質の服用を開始することで治療を行います。
ジスロマックはマクロライド系とよばれる比較的副作用のすくないタイプの抗生物質であり、飲んだあとの効果が持続する時間も長いため、一回飲んでしまえば、数日程度あれば症状の改善がみられるケースが多いといえます。
ただし、精巣炎などのさらに重大な病気を併発していた場合には、この限りではありませんので、医師の治療方針に従うべきです。