ジスロマックは感染者数が非常に多いクラミジアの治療薬です。ジスロマックの特徴といえばその服用回数であり、1回の服用で薬の効果が1週間も続きます。こちらではジスロマックについてのあれこれを紹介します。

長く続くジスロマックの効果

ジスロマックは病気の予防に効果的、のどの感染に注意

ジスロマックは細菌による感染症を治療するための薬で、呼吸器科や耳鼻科、歯科など様々な分野で使われています。
ジスロマックはマクロライド系に分類される新しい抗生物質で、のどの炎症や中耳炎、肺炎、気管支炎など色々な病気の治療用に処方されている薬です。
そんなジスロマックには錠剤やカプセル、ドライシロップなど多くのタイプの製剤があります。
その中でも成人用ドライシロップ型のジスロマックは、1回服用するだけで7日間効果が持続するという特徴を持っており、性感染症の予防用として服用する人もいます。
性感染症にはクラミジア感染症や淋菌感染症(淋病)などがあり、日本でも感染者が多い病気です。
特にクラミジアは男性と女性の両方で、感染していても症状を感じないことが多いため、気づかない内にうつされたり、人にうつしたりしていることがあるのが問題となっています。
クラミジアや淋病の感染経路は通常の性行為の他、のどに感染している人がオーラルセックスをすることでもうつるので、これらの性感染症を予防したい場合はコンドームをつける他、ジスロマックのドライシロップを飲んでおくことが有効となります。
クラミジアにかかった男性に起こる可能性のある症状としては、軽い排尿痛や尿道のかゆみ、不快感といった尿道炎と精巣上体炎がありますが、淋病の場合は激しい排尿痛を起こす尿道炎であることが多いので、予防しておくに越したことはないと言えるでしょう。
もしも、クラミジアや淋病にかかった疑いがある場合は、男性は泌尿器科や性病科、女性は婦人科や性病科を受診することで、検査や治療をすることが出来ます。
ジスロマックドライシロップでクラミジアや淋病の予防をしたい人も、泌尿器科や性病科で医師に相談してみると処方してもらえることがあるので聞いてみましょう。